合津直枝
著者のコラム一覧
合津直枝演出家・脚本家・プロデューサー

テレビマンユニオン所属 初プロデュ―ス映画「幻の光」はベネチア国際映画祭で金のオゼッラ賞、国内では藤本賞を個人受賞。初監督作品「落下する夕方」はベルリン国際映画祭正式出品作、同時に新藤兼人賞銀賞を受賞。またNHK連続ドラマ「書店員ミチルの身の上話」では演出、脚本、プロデュースの3役で全10話を仕上げる。新潟りゅーとぴあ発「ふたりものがたり」第1弾「乳房」は、東京・俳優座劇場(5月7~15日)はじめ、兵庫、大阪、新潟で上演する。

稽古を通じて“同志”になった 俳優・内野聖陽への信頼

公開日: 更新日:

 5月7日から俳優座劇場で上演される新シリーズ「ふたりものがたり」で舞台の初演出をします。

 2013年、戸田恵梨香さん主演の連続ドラマ「書店員ミチルの身の上話」(NHK)全10話を脚本、演出、プロデューサーとして完成させ、テレビマンとしてゴールを迎えたな、と思っていました。さて次に何をしようか、と思案していた頃、新潟りゅーとぴあ演劇部門の芸術監督・笹部博司さんから「舞台をやらない?」と誘われたことがきっかけです。

 長く映像の仕事をしてきて、いまの撮影現場では、限られた時間の中で天候の問題とかカメラの都合によって、いちばん大事にすべき「芝居」にかける時間がなくなることが時々あって、これは絶対おかしいと思っていたので、「男女ふたりのリーディングで舞台をやりたい!」と即座に提案しました。

■シンプルだからこそ生まれる強さ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る