合津直枝
著者のコラム一覧
合津直枝演出家・脚本家・プロデューサー

テレビマンユニオン所属 初プロデュ―ス映画「幻の光」はベネチア国際映画祭で金のオゼッラ賞、国内では藤本賞を個人受賞。初監督作品「落下する夕方」はベルリン国際映画祭正式出品作、同時に新藤兼人賞銀賞を受賞。またNHK連続ドラマ「書店員ミチルの身の上話」では演出、脚本、プロデュースの3役で全10話を仕上げる。新潟りゅーとぴあ発「ふたりものがたり」第1弾「乳房」は、東京・俳優座劇場(5月7~15日)はじめ、兵庫、大阪、新潟で上演する。

稽古を通じて“同志”になった 俳優・内野聖陽への信頼

公開日:  更新日:

 5月7日から俳優座劇場で上演される新シリーズ「ふたりものがたり」で舞台の初演出をします。

 2013年、戸田恵梨香さん主演の連続ドラマ「書店員ミチルの身の上話」(NHK)全10話を脚本、演出、プロデューサーとして完成させ、テレビマンとしてゴールを迎えたな、と思っていました。さて次に何をしようか、と思案していた頃、新潟りゅーとぴあ演劇部門の芸術監督・笹部博司さんから「舞台をやらない?」と誘われたことがきっかけです。

 長く映像の仕事をしてきて、いまの撮影現場では、限られた時間の中で天候の問題とかカメラの都合によって、いちばん大事にすべき「芝居」にかける時間がなくなることが時々あって、これは絶対おかしいと思っていたので、「男女ふたりのリーディングで舞台をやりたい!」と即座に提案しました。

■シンプルだからこそ生まれる強さ

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る