ミヤネ屋あと2年? 宮根誠司“東京五輪キャスター”の野望

公開日: 更新日:

 平日午後の人気ワイドショー「情報ライブ ミヤネ屋」が、打ち切りカウントダウン――。こう聞くと「ホンマかいな」「大阪のオバちゃん、さびしがるで」と耳を疑うが、MCを務める宮根誠司(53)の周囲はざわつき始めている。

 06年から関西ローカルで放送されていた同番組は08年に全国ネットへ出世。元朝日放送のアナウンサー宮根が展開する東京とは一線を画した軽妙な語り口や本音トークはすぐに人気に火がつき、今や関西のみならず、全国でも同時間帯で敵なしの圧勝状態。宮根が夏休みで不在になると、視聴率が下がる現象まで起きるほどになり、日本テレビの看板番組にも成長した。日テレの視聴率3冠にも大いに貢献するなど番組は絶好調にもかかわらず、なぜ終焉の兆しを見せているのか――。

「『ミヤネ屋』の放送は月曜から金曜の14~16時。この時間を大阪の生放送で拘束されると、平日は東京で別の番組収録などができず、もっと仕事をしたい宮根さんは歯がゆい思いをしているそうです。『(同じ事務所の)羽鳥(慎一)くんはええなあ。生放送が朝(の番組)やから、終わっても夕方とか夜に仕事できる』が口癖だとか。読売テレビは東京キー局と比べるとどうしてもギャラが安いので、もっともっと稼ぎたいのかもしれません」(在阪のテレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る