ミヤネ屋あと2年? 宮根誠司“東京五輪キャスター”の野望

公開日: 更新日:

 平日午後の人気ワイドショー「情報ライブ ミヤネ屋」が、打ち切りカウントダウン――。こう聞くと「ホンマかいな」「大阪のオバちゃん、さびしがるで」と耳を疑うが、MCを務める宮根誠司(53)の周囲はざわつき始めている。

 06年から関西ローカルで放送されていた同番組は08年に全国ネットへ出世。元朝日放送のアナウンサー宮根が展開する東京とは一線を画した軽妙な語り口や本音トークはすぐに人気に火がつき、今や関西のみならず、全国でも同時間帯で敵なしの圧勝状態。宮根が夏休みで不在になると、視聴率が下がる現象まで起きるほどになり、日本テレビの看板番組にも成長した。日テレの視聴率3冠にも大いに貢献するなど番組は絶好調にもかかわらず、なぜ終焉の兆しを見せているのか――。

「『ミヤネ屋』の放送は月曜から金曜の14~16時。この時間を大阪の生放送で拘束されると、平日は東京で別の番組収録などができず、もっと仕事をしたい宮根さんは歯がゆい思いをしているそうです。『(同じ事務所の)羽鳥(慎一)くんはええなあ。生放送が朝(の番組)やから、終わっても夕方とか夜に仕事できる』が口癖だとか。読売テレビは東京キー局と比べるとどうしてもギャラが安いので、もっともっと稼ぎたいのかもしれません」(在阪のテレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る