• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドラマ評価じわり 嵐・大野に試される“高視聴率男”の本領

「世界一難しい恋」(日本テレビ系)で初めてラブロマンスに挑戦した嵐の大野智(35)への評価が定まらない。

 初回放送後には「大野君が社長に見えなさすぎ」「演技が『怪物くん』の時と同じ」「嵐ファンだけが喜ぶドラマ」など批判的なものが多かったが、3話目あたりから「セカムズ」という略語が定着し始め、評価が上がりだした。恋愛初心者の鮫島零治社長(大野)が恋の告白をする第4話になると、「共感しまくり。早く次が見たい」「鮫島社長の告白、可愛すぎ!」などの好意的な反響が過半を占めるようになってきた。

 だが視聴率が伴わない。初回放送が12.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)とまずまずのスタート。2回目以降も、12.9%、13.1%とジリジリと数字を伸ばしたと思ったら、第4話は12.2%とダウンするなどブレークできないでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  3. 3

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  6. 6

    ハワイ移住は本当か 山口達也が療養中とされる施設を直撃

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

もっと見る