モデル仲間が証言 “清原姓”を捨てた亜希の「決別の意志」

公開日: 更新日:

 覚醒剤取締法違反の罪で公判を控える清原和博被告(48)の元妻でモデルの亜希(47)の「再出発」は順調に進んでいる。

 3月には自身がプロデュースしたブランド「AK+1 by EFFE BEAMS」を立ち上げ、同時に離婚後も名乗っていた「清原姓」を捨て、タレント名を「亜希」と改めた。さらに、スキンケアブランドのCM出演も決まり、懸念されていた子供たちの養育費の心配も薄れつつある。

 そんな亜希がいま最も恐れているのが、清原からSOSを求められることだという。亜希のブランド発表会に出席していたモデルがこんなことを言っていた。

「亜希さんは近い将来、清原さんが必ず自分に助けを求めてくると確信しているようです。ああ見えて彼は気が弱いところがあり、仕事現場にも亜希さんをマネジャーのように連れていき、常にアドバイスを求めてくるくらい頼っていた。そんな彼に決別の意思を伝えるために清原姓を捨てたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!