• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

モデル仲間が証言 “清原姓”を捨てた亜希の「決別の意志」

 覚醒剤取締法違反の罪で公判を控える清原和博被告(48)の元妻でモデルの亜希(47)の「再出発」は順調に進んでいる。

 3月には自身がプロデュースしたブランド「AK+1 by EFFE BEAMS」を立ち上げ、同時に離婚後も名乗っていた「清原姓」を捨て、タレント名を「亜希」と改めた。さらに、スキンケアブランドのCM出演も決まり、懸念されていた子供たちの養育費の心配も薄れつつある。

 そんな亜希がいま最も恐れているのが、清原からSOSを求められることだという。亜希のブランド発表会に出席していたモデルがこんなことを言っていた。

「亜希さんは近い将来、清原さんが必ず自分に助けを求めてくると確信しているようです。ああ見えて彼は気が弱いところがあり、仕事現場にも亜希さんをマネジャーのように連れていき、常にアドバイスを求めてくるくらい頼っていた。そんな彼に決別の意思を伝えるために清原姓を捨てたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る