清原逮捕や野球賭博でプロ野球「スカウト」はこう変わる

公開日: 更新日:

 昨年から今年にかけて、プロ野球界を揺るがす事件や不祥事が続出している。巨人の福田、笠原、松本竜による野球賭博の発覚に始まり、清原が覚醒剤で逮捕、開幕直前には巨人の高木京が4人目となる野球賭博関与が発覚。各球団で違法ギャンブル、高校野球賭博、現金授受などの行為も明らかになった。

 こうなると当然影響が出てくるのが、スカウティング方針。たとえば同じポジションで能力が拮抗している選手が2人いた場合、野球の能力よりも人間性、頭の良さ、親の職業、家庭環境といった部分がより重視されるだろう。大学で主将をやっているなど、そういう部分はプラス材料になる。

「スカウトの立場としても、獲得した選手に何かあったら責任問題になりかねないですから。素行調査も抜かりないようにしないと」(プロ球団スカウト)

 開幕から活躍を続ける楽天ドラフト3位の茂木(早大)には、こんなエピソードがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る