清原被告の名も 相撲協会“違法賭博・薬物防止”研修の中身

公開日: 更新日:

 力士や親方衆も骨身に染みて理解した、と信じたい。

 25日に相撲協会が行った、「各種不法事案排除の総合的対策について」の研修会。クスリや賭博、暴力団の排除について、元警視庁組織犯罪対策部長などを歴任した頼本和也氏が講演を行った。

 報道陣はシャットアウトされ、土俵組だけでなく行司や床山らも合わせた協会員約850人が出席。1時間の講演後、春日野広報部長(元関脇栃乃和歌)が、その中身をかいつまんで報道陣に説明した。

「闇カジノや野球賭博も、最初はいくらか勝たせてもらう。そこで『才能があるぞ』『センスがある』などと言われる」

「(クスリも賭博も)スランプやケガなど、弱っているところに付け込まれやすい」

 さらに暴力団については、「カネのためなら他人が不幸になろうが、奈落に落ちようが関係ない。任侠道はカタギに手を出さないなどと言われているが、そんなものは映画やテレビに限られた話」という警告があったことも話した。

 さらに覚醒剤取締法違反で起訴され、保釈中の清原和博被告については、「薬物の後ろに何があるのかを関連付けた話で名前が出た」(春日野親方)という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    統計不正の“単独犯”務まるか?中江元秘書官のポンコツ伝説

  8. 8

    特大弾含む大当たりでも…日ハム清宮への意外な酷評と課題

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

もっと見る