ツヤ肌披露も…鈴木亜美「劣化説」加速させる“夜のお仕事”

公開日:  更新日:

 歌手の鈴木亜美(34)が17日、都内のスタジオで行われたアニメ「パンパカパンツ W おNEW!」の公開アフレコに登場した。自身をモデルにしたキャラクター「DJアミーゴ」を演じた鈴木は、マイクに向かって「いえーい! みんな楽しんでる~?」とノリノリ。ガラスの向こうで見守る監督に「さすが(DJ)っぽいね」と言わしめた。

 それもそのはず。鈴木は、2001年に生じた事務所の契約問題をキッカケに表舞台からフェードアウト。約3年間の休止期間を経て復帰後、08年に開始したDJ活動が実を結び、いまや全国各地のクラブから引っ張りだこの“人気ガールズDJ”だ。今年に入ってからは山口、広島、愛知でイベントをこなし、時には海外のフェスにもゲストDJとして招待されるなど、すっかり「こっちが本業」になっている。

 そのためか、DJ役を任されて生き生きとしていた鈴木。この日は濃いめのメークながら、透明感のある肌は若々しく、カメラのフラッシュを反射するほどにツヤツヤだった。鈴木といえば、近ごろはメディアやバラエティー番組に顔を出すたびに、ファンから“容姿の劣化”が指摘されていたが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る