ツヤ肌披露も…鈴木亜美「劣化説」加速させる“夜のお仕事”

公開日: 更新日:

 歌手の鈴木亜美(34)が17日、都内のスタジオで行われたアニメ「パンパカパンツ W おNEW!」の公開アフレコに登場した。自身をモデルにしたキャラクター「DJアミーゴ」を演じた鈴木は、マイクに向かって「いえーい! みんな楽しんでる~?」とノリノリ。ガラスの向こうで見守る監督に「さすが(DJ)っぽいね」と言わしめた。

 それもそのはず。鈴木は、2001年に生じた事務所の契約問題をキッカケに表舞台からフェードアウト。約3年間の休止期間を経て復帰後、08年に開始したDJ活動が実を結び、いまや全国各地のクラブから引っ張りだこの“人気ガールズDJ”だ。今年に入ってからは山口、広島、愛知でイベントをこなし、時には海外のフェスにもゲストDJとして招待されるなど、すっかり「こっちが本業」になっている。

 そのためか、DJ役を任されて生き生きとしていた鈴木。この日は濃いめのメークながら、透明感のある肌は若々しく、カメラのフラッシュを反射するほどにツヤツヤだった。鈴木といえば、近ごろはメディアやバラエティー番組に顔を出すたびに、ファンから“容姿の劣化”が指摘されていたが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  9. 9

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る