• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ツヤ肌披露も…鈴木亜美「劣化説」加速させる“夜のお仕事”

 歌手の鈴木亜美(34)が17日、都内のスタジオで行われたアニメ「パンパカパンツ W おNEW!」の公開アフレコに登場した。自身をモデルにしたキャラクター「DJアミーゴ」を演じた鈴木は、マイクに向かって「いえーい! みんな楽しんでる~?」とノリノリ。ガラスの向こうで見守る監督に「さすが(DJ)っぽいね」と言わしめた。

 それもそのはず。鈴木は、2001年に生じた事務所の契約問題をキッカケに表舞台からフェードアウト。約3年間の休止期間を経て復帰後、08年に開始したDJ活動が実を結び、いまや全国各地のクラブから引っ張りだこの“人気ガールズDJ”だ。今年に入ってからは山口、広島、愛知でイベントをこなし、時には海外のフェスにもゲストDJとして招待されるなど、すっかり「こっちが本業」になっている。

 そのためか、DJ役を任されて生き生きとしていた鈴木。この日は濃いめのメークながら、透明感のある肌は若々しく、カメラのフラッシュを反射するほどにツヤツヤだった。鈴木といえば、近ごろはメディアやバラエティー番組に顔を出すたびに、ファンから“容姿の劣化”が指摘されていたが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る