• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

落語ファン森末慎二氏が語る桂枝雀師匠との出会いと別れ

投稿日:  更新日:

 8月のリオ五輪が少しずつ近づいてきた。体操の有名人といえばこの人、森末慎二さん。84年のロス五輪の体操(鉄棒)で金メダルを獲得するなど活躍した。選手として力を発揮できたのは落語家の桂枝雀師匠(故人)のおかげだという。

 僕は関西に近い岡山出身で、落語より吉本新喜劇や漫才に親しんで育ちました。ところが、日本体育大学を卒業し、紀陽銀行に入ってすぐのころ、大学体操部の同級生の下宿に遊びにいったら「面白いレコードを聴かせてやるよ」と言われ、桂枝雀師匠の「鷺とり」という噺を聴いて以来、落語にハマっちゃったんです。それまで聴いた落語とは全然違う独特の雰囲気で、一気に入り込んだ。そのレコードは借りて帰って何回も聴きました。それからはレコード店で師匠のカセットテープを見つけると、「これはまだ持ってないな」と少しずつ買い集め、だんだん寝る時に聴くようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  7. 7

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  8. 8

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る