• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

落語ファン森末慎二氏が語る桂枝雀師匠との出会いと別れ

 8月のリオ五輪が少しずつ近づいてきた。体操の有名人といえばこの人、森末慎二さん。84年のロス五輪の体操(鉄棒)で金メダルを獲得するなど活躍した。選手として力を発揮できたのは落語家の桂枝雀師匠(故人)のおかげだという。

 僕は関西に近い岡山出身で、落語より吉本新喜劇や漫才に親しんで育ちました。ところが、日本体育大学を卒業し、紀陽銀行に入ってすぐのころ、大学体操部の同級生の下宿に遊びにいったら「面白いレコードを聴かせてやるよ」と言われ、桂枝雀師匠の「鷺とり」という噺を聴いて以来、落語にハマっちゃったんです。それまで聴いた落語とは全然違う独特の雰囲気で、一気に入り込んだ。そのレコードは借りて帰って何回も聴きました。それからはレコード店で師匠のカセットテープを見つけると、「これはまだ持ってないな」と少しずつ買い集め、だんだん寝る時に聴くようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る