“天然”瀬川瑛子を「芸域広げる」と盛り立てた恩人の激励

公開日:  更新日:

 今年デビュー50周年を迎えた瀬川瑛子さん(68)。18歳でデビューしたものの、なかなかヒットに恵まれず、順風満帆とはいかなかったが、それを救ってくれたのが、初めてのヒット曲「長崎の夜はむらさき」(70年)の作曲家、新井利昌氏(85)だ。

  ◇  ◇  ◇

 これまでの歌手人生を振り返ると、本当にたくさんの方々にお世話になっています。

 トータルでダブルミリオンを記録した「命くれない」の作詞の吉岡治先生と作曲の北原じゅん先生。多くの歌手の皆さんと競作になった「矢切の渡し」の船村徹先生(作曲)、昨年12月発売の最新曲「泣きたい夜」をはじめ、5作品の作詞や作曲をしてくださった原譲二こと北島三郎先輩。所属のクラウンレコードのプロデューサーさん。そして、ずっと応援し、支えてくれたファンの皆さんがいてくださったから今も現役で続けていられるんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る