SMAP解散はハワイで見物 キムタクが選んだ事務所幹部の道

公開日:  更新日:

 今年デビュー25周年を迎えるSMAPが12月31日をもって解散することを発表して大騒ぎになっている。

 SMAPは1月に分裂・解散騒動が浮上。その際は“育ての親”にあたる女性チーフマネジャーの飯島三智氏が責任をとる形で事務所を退社。メンバーは「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)に生出演して騒動を謝罪し、グループとしての活動継続を報告していた。しかし、覆水盆に返らず。メンバーはジャニー喜多川社長らと話し合いを重ねたが今月10日、木村拓哉(43)と中居正広(43)以外の草彅剛(42)、稲垣吾郎(42)、香取慎吾(39)が「休むより解散したい」と申し入れ、中居も3人に同意。11日の役員協議を経て年内での解散が決定した。

 メンバー全員は事務所に残留しソロ活動を続けるという。だが国民的人気グループの解散劇がこれで一件落着のはずもなし。舞台裏ではそれぞれの事情と思惑と打算が複雑に絡み合っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る