• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SMAP解散はハワイで見物 キムタクが選んだ事務所幹部の道

投稿日:  更新日:

 今年デビュー25周年を迎えるSMAPが12月31日をもって解散することを発表して大騒ぎになっている。

 SMAPは1月に分裂・解散騒動が浮上。その際は“育ての親”にあたる女性チーフマネジャーの飯島三智氏が責任をとる形で事務所を退社。メンバーは「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)に生出演して騒動を謝罪し、グループとしての活動継続を報告していた。しかし、覆水盆に返らず。メンバーはジャニー喜多川社長らと話し合いを重ねたが今月10日、木村拓哉(43)と中居正広(43)以外の草彅剛(42)、稲垣吾郎(42)、香取慎吾(39)が「休むより解散したい」と申し入れ、中居も3人に同意。11日の役員協議を経て年内での解散が決定した。

 メンバー全員は事務所に残留しソロ活動を続けるという。だが国民的人気グループの解散劇がこれで一件落着のはずもなし。舞台裏ではそれぞれの事情と思惑と打算が複雑に絡み合っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  3. 3

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

もっと見る