• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

発言力低下は必至 SMAP解散でジャニーズ崩壊の幕が開く

投稿日:  更新日:

 日本中を駆け抜けたSMAP解散ショック。とはいえ、今年1月に一度分裂騒動があったため、あるテレビ関係者は「来るべき時が来たという感じで、そこまでの驚きはない。現場はずっとギスギスしていたから、解散はともかく、活動休止は避けられないという見方が大半でした」という。

 だが、12月31日での解散が正式決定したことで「芸能界の勢力地図が変わる可能性がある」と言葉を足す。その現実味を指摘するのは芸能評論家の肥留間正明氏だ。話はテレビ局への影響力からスタートする。

■業界地図が一変する可能性

「今のテレビ各局はほぼジャニーズ事務所の言いなりです。“ウチのタレントを使ってくれ”と言われれば従い、“あのタレントと共演NG”となれば、名前を挙げられたタレントの事務所には出演をご遠慮願ってきた。その力の源泉は国民的アイドルとまで言われたSMAPの5人を抱えていたからに他なりません。しかし、解散でメンバーそれぞれがバラ売りとなったら話は別。もちろん、嵐やTOKIOもいますが、SMAPというスペシャル感が消えてしまうと、各局への発言力も格段に落ちると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る