発言力低下は必至 SMAP解散でジャニーズ崩壊の幕が開く

公開日: 更新日:

 日本中を駆け抜けたSMAP解散ショック。とはいえ、今年1月に一度分裂騒動があったため、あるテレビ関係者は「来るべき時が来たという感じで、そこまでの驚きはない。現場はずっとギスギスしていたから、解散はともかく、活動休止は避けられないという見方が大半でした」という。

 だが、12月31日での解散が正式決定したことで「芸能界の勢力地図が変わる可能性がある」と言葉を足す。その現実味を指摘するのは芸能評論家の肥留間正明氏だ。話はテレビ局への影響力からスタートする。

■業界地図が一変する可能性

「今のテレビ各局はほぼジャニーズ事務所の言いなりです。“ウチのタレントを使ってくれ”と言われれば従い、“あのタレントと共演NG”となれば、名前を挙げられたタレントの事務所には出演をご遠慮願ってきた。その力の源泉は国民的アイドルとまで言われたSMAPの5人を抱えていたからに他なりません。しかし、解散でメンバーそれぞれがバラ売りとなったら話は別。もちろん、嵐やTOKIOもいますが、SMAPというスペシャル感が消えてしまうと、各局への発言力も格段に落ちると思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  5. 5

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  6. 6

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る