• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

視聴率は五輪に負けず 「とと姉ちゃん」高畑充希の原動力

 泣く子と高畑には勝てない――。こんな言葉が聞こえてきそうだ。

 リオ五輪はメダルラッシュで大賑わい。視聴率も好調だが、そんな中でトップに君臨するのは五輪中継ではなく、朝ドラ「とと姉ちゃん」(NHK)だ。8日21.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)、9日23.1%、10日22.1%、11日22.5%を記録。五輪中継は開会式を除けば、最高が萩野公介が金メダルを獲得した7日の男子400メートル個人メドレーの22.0%。要するに、リオ五輪が束になってかかっても高畑充希(24)の「とと姉ちゃん」には勝てないのだ。

 高畑の原動力は何か。

「かつては所属するホリプロ制作の『ピーターパン』など、舞台が中心でした。その他でも、同じホリプロの鈴木亮平が主演した13年の『HK変態仮面』では、ワイドショーのリポーター役という、エキストラに毛が生えたような役しかつかないほどの崖っぷち女優で、地味な存在。しかし、13年の朝ドラ『ごちそうさん』で劇中歌を歌って、その歌唱力が絶賛されるなど注目を一気に集め、そこからはワーカホリック状態。売れなかった時代のトラウマなのか、“来た仕事は断らない”を貫き、朝ドラのヒロインにしては、異例の出ずっぱりを続け、ファンクラブもできました」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る