視聴率は五輪に負けず 「とと姉ちゃん」高畑充希の原動力

公開日:  更新日:

 泣く子と高畑には勝てない――。こんな言葉が聞こえてきそうだ。

 リオ五輪はメダルラッシュで大賑わい。視聴率も好調だが、そんな中でトップに君臨するのは五輪中継ではなく、朝ドラ「とと姉ちゃん」(NHK)だ。8日21.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)、9日23.1%、10日22.1%、11日22.5%を記録。五輪中継は開会式を除けば、最高が萩野公介が金メダルを獲得した7日の男子400メートル個人メドレーの22.0%。要するに、リオ五輪が束になってかかっても高畑充希(24)の「とと姉ちゃん」には勝てないのだ。

 高畑の原動力は何か。

「かつては所属するホリプロ制作の『ピーターパン』など、舞台が中心でした。その他でも、同じホリプロの鈴木亮平が主演した13年の『HK変態仮面』では、ワイドショーのリポーター役という、エキストラに毛が生えたような役しかつかないほどの崖っぷち女優で、地味な存在。しかし、13年の朝ドラ『ごちそうさん』で劇中歌を歌って、その歌唱力が絶賛されるなど注目を一気に集め、そこからはワーカホリック状態。売れなかった時代のトラウマなのか、“来た仕事は断らない”を貫き、朝ドラのヒロインにしては、異例の出ずっぱりを続け、ファンクラブもできました」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る