視聴率完敗も当然 フジ五輪総集編は“宝の持ち腐れ”だった

公開日: 更新日:

「ダメだダメだといわれているが、ここまで感覚がずれているとは……」というのは、さる番組制作関係者だ。

 史上最多の41個のメダルを獲得し、日本勢のメダルラッシュに沸きまくったリオ五輪。それだけに熱き戦いを振り返る「総集編」特番を楽しみにしていた視聴者は多かったが、フジテレビが台無しにしたともっぱらだ。

 五輪はテレビ放映権料が発生するのは有名だが、「その放映権の関係で大々的に『総集編』と銘打って放送できるのはNHKと民放1社のみ。民放の場合は毎回、電通仕切りの“くじ引き”で決めていて、今回はフジが権利をゲットしました」(在京キー局関係者)。

 ブラジルと日本は時差が12時間あったため、GP帯の中継番組の大半は本戦や決勝戦ではなく予選となった。そのため、特に民放は視聴率が伸び悩んだが、総集編は局の垣根を越え、あらゆる競技の決定的瞬間が流せる“お宝番組”。物足りない結果に終わった本番の分も取り返すビッグチャンスだったが、22日に放送した「リオ五輪2016総集編~夢と感動をありがとう!メダリスト大感謝祭SP~」(19時~)の視聴率は7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  7. 7

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

もっと見る