• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

夫と息子が逮捕 高島礼子&高畑淳子ドラマ呪われていた?

 ご本人たちにとっては気の毒というしかない。薬物事件で逮捕された高知東生(51)の元妻(8月1日離婚)である高島礼子(52)の主演ドラマ「女たちの特捜最前線」(テレビ朝日系、木曜夜8時~)が6話で終了となってしまった。

 6話打ち切り説を最初に報じたのは8月3日発売の週刊文春(8月11、18日合併号)。この時点では同ドラマの主要キャストである高畑淳子(61)の長男・裕太(22)の事件は発生していなかったため、テレビ朝日は文春の取材に対して「打ち切り説」を否定。当初から6話終了予定だったと説明していたが、高畑の息子の逮捕がダメ押しとなってしまった。

 出演者の身内の犯罪が続いたこのドラマだが、テレ朝にとって「木曜8時枠」が“呪われた時間帯”だったかといえば、まるで正反対だ。

 同局刑事ドラマのテッパンともいえる「科捜研の女」と「おみやさん」を抱える超優良枠。これまで15シリーズ放送されている「科捜研の女」は今秋から2クールにわたって放送予定だし、春に「土曜ワイド劇場」から“昇格”となった「警視庁・捜査一課長」(内藤剛志主演)も全11話平均が10.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好調で、今後のシリーズ化は確実だ。

「女たちの特捜最前線」もシリーズ化が期待されたが、まさかの事態でオジャンになってしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る