吉田沙保里、福原愛…4年後は“リオ世代タレント”大混戦

公開日:  更新日:

 日本時間22日に幕を閉じたリオ五輪。日本は史上最多41個のメダルを獲得し、東京五輪に向けて明るい兆しとなった。一方で、金メダルが“至上命令”とされながら涙をのんだ選手も。

 その筆頭が女子レスリング53キロ級の吉田沙保里(33=写真右)。「霊長類最強」として4連覇がかかっていたが、決勝で敗れて銀メダルに終わった。もし4連覇を果たせば東京五輪も視野にあっただろうが、23日には引退を示唆した。

 昨年12月から公式戦に参加しないままリオを迎えた吉田は、実戦そっちのけでバラエティー番組に出演しまくっていた。長年所属したALSOKも退社し、現在はフリー。リオ前からせっせとタレント活動の予行演習をしていたのが慢心となったのかもしれない。

 吉田以外にも年齢的に今大会で現役を退き、タレントに「転向」する選手は多いはず。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る