テレビ局が熱視線 卓球「銅」水谷隼にオファー殺到の不安

公開日:  更新日:

 メダリストが、早くもテレビ局から引っ張りだこになっている。

 24日はリオ五輪日本選手団の記者会見が都内で開かれたが、柔道男子90キロ級で金メダルを獲得したベイカー茉秋(21)は午前中にフジテレビの「SMAP×SMAP」の収録に参加。都内スタジオから慌ただしく会見場に駆け付けた。

 すでに、五輪閉会式を待たずに帰国した一部の選手たちは、各局のニュース番組や五輪特番にゲスト出演。お笑いタレントらと一緒に番組の賑やかしに付き合わされている。

 彼らはこれから、テレビの視聴率稼ぎの道具としてバラエティー番組にも駆り出されることになるわけだが、団体競技を含む58人のメダリストの中で、テレビ局関係者が「ぜひ、使いたい」と口を揃えているのが、卓球の水谷隼(27)だ。

 水谷はシングルスで男女を通じて卓球界初の個人メダルとなる銅を取ると、団体ではこれも男子卓球界で初の銀メダルを獲得。世界レベルの技術はもちろん、勝利の瞬間コートに大の字になって喜びを爆発させる姿も話題になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る