ネルソンズの3人は体育会系 身体能力と笑いを見事融合

公開日:  更新日:

 とにかく明るい安村やおかずクラブなど、ブレーク芸人の登竜門となっている「ぐるぐるナインティナイン」の正月企画「おもしろ荘」で、今年優勝したのがネルソンズだ。吉本興業のNSC東京校の同期の3人が繰り広げるコントが、ゲスト出演していた小栗旬や有吉弘行に絶賛されていた。

 彼らを象徴するコントが「体育の時間」。見るからに運動が苦手そうな小学生が体育の授業でマット運動に臨むコントなのだが、先生に命じられてできなかった側転や前転が、キレると無意識のうちに神業的でアクロバチックにできてしまう。そして最後には先生を巻き込んで大技に――と、見事な身体能力と笑いを融合させたネタだ。

 それもそのはず、彼らは本気の体育会系出身者。青山はレスリングの元日本代表選手で、アテネ・北京五輪では全日本強化指定選手にも選ばれていたアスリート。岸は剣道3段の腕前を持ち、オタク体形で見るからに運動が苦手そうな和田も、青山と同じ中学のレスリング部で有名高校からスポーツ推薦される実力だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

もっと見る