• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ネルソンズの3人は体育会系 身体能力と笑いを見事融合

 とにかく明るい安村やおかずクラブなど、ブレーク芸人の登竜門となっている「ぐるぐるナインティナイン」の正月企画「おもしろ荘」で、今年優勝したのがネルソンズだ。吉本興業のNSC東京校の同期の3人が繰り広げるコントが、ゲスト出演していた小栗旬や有吉弘行に絶賛されていた。

 彼らを象徴するコントが「体育の時間」。見るからに運動が苦手そうな小学生が体育の授業でマット運動に臨むコントなのだが、先生に命じられてできなかった側転や前転が、キレると無意識のうちに神業的でアクロバチックにできてしまう。そして最後には先生を巻き込んで大技に――と、見事な身体能力と笑いを融合させたネタだ。

 それもそのはず、彼らは本気の体育会系出身者。青山はレスリングの元日本代表選手で、アテネ・北京五輪では全日本強化指定選手にも選ばれていたアスリート。岸は剣道3段の腕前を持ち、オタク体形で見るからに運動が苦手そうな和田も、青山と同じ中学のレスリング部で有名高校からスポーツ推薦される実力だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る