元祖「女に嫌われる女」 裕木奈江の自立心と強さの原点

公開日: 更新日:

「男に媚びているような目と半開きの口」「か弱さを武器にした計算高い女」、さらに「人の彼氏を寝取りそうな女」など90年代前半にバッシングされた裕木奈江(46)は、元祖「女に嫌われる女」。

 きっかけはドラマ「ポケベルが鳴らなくて」(93年・日本テレビ)で演じた友達の父親(緒形拳)と不倫する小悪魔的な役が、はかなげな“オヤジ殺し”のイメージとぴったりとマッチしたからだ。

 しかも現場スタッフから「わがままで次回は使いたくない」などの苦情が続出、ドラマ放映後には事務所とドラマ制作会社とのトラブルなどで仕事が激減した。99年ヘアヌード写真集を発売するが、スタッフだったヘアメークアーティストと略奪婚。そのため女たちから「やっぱりね」とまたもやバッシングを受け、彼女は夫と共に渡米する。

 鬼才デビッド・リンチ監督の「インランド・エンパイア」に出演とハリウッドデビューしたが、09年離婚。現在は一人ロスでオーディションを受け続ける“孤高の女”だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  6. 6

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  7. 7

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  10. 10

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

もっと見る