• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「べっぴんさん」20%割れ 誤算はスピード展開と羽鳥アナ

 今月3日にスタートしたばかりのNHK朝ドラ「べっぴんさん」の第2週の平均視聴率が19.8%(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区=以下同)と20%の大台割れ。前々作「あさが来た」と前作「とと姉ちゃん」は、ともに全26週を通して20%超をマークしたとなれば、制作陣の心中は穏やかではない。

 今作はヒロインに芳根京子(19)を起用し、子供服ブランド「ファミリア」創業者のひとりである坂野惇子の半生を描く。いわば、朝ドラの十八番である実話をもとにした、ものづくりストーリーだ。半年間にわたって放送する長編だけにホンの出来が大きなカギを握るが、“美人過ぎる脚本家”の異名と羽鳥慎一アナ(45)を夫にもつ渡辺千穂氏(44)が手がけるとあって、放送前から注目度は高かった。

 だが、フタを開けてみたらいやはや。視聴率下落の要因のひとつに、脚本のミスキャストを指摘する声もあがっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る