「べっぴんさん」20%割れ 誤算はスピード展開と羽鳥アナ

公開日:  更新日:

 今月3日にスタートしたばかりのNHK朝ドラ「べっぴんさん」の第2週の平均視聴率が19.8%(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区=以下同)と20%の大台割れ。前々作「あさが来た」と前作「とと姉ちゃん」は、ともに全26週を通して20%超をマークしたとなれば、制作陣の心中は穏やかではない。

 今作はヒロインに芳根京子(19)を起用し、子供服ブランド「ファミリア」創業者のひとりである坂野惇子の半生を描く。いわば、朝ドラの十八番である実話をもとにした、ものづくりストーリーだ。半年間にわたって放送する長編だけにホンの出来が大きなカギを握るが、“美人過ぎる脚本家”の異名と羽鳥慎一アナ(45)を夫にもつ渡辺千穂氏(44)が手がけるとあって、放送前から注目度は高かった。

 だが、フタを開けてみたらいやはや。視聴率下落の要因のひとつに、脚本のミスキャストを指摘する声もあがっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る