グラミー賞も? 「ピコ太郎」を笑えないピース綾部の渡米

公開日: 更新日:

 お笑いタレントの古坂大魔王(43)扮する「ピコ太郎」の勢いが止まらない。

 パフォーマンス楽曲「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が8月25日にユーチューブにアップされると、瞬く間に世界中に拡散。累計の動画再生回数3億回超という驚異の数字を叩き出している。

 しかも、10月29日付の米ビルボードソングチャートに、日本人としては松田聖子以来、26年ぶりにチャートイン。今年の紅白の“目玉”となるのは確実で、「グラミー賞も狙える」なんて声も出てきた。日本でも幼い子供たちがあちこちで「アイ・ハブ・ア・ペン」と口ずさむなど、もはや社会現象になっている。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏はこう言う。

「欧米のスターが面白い動画を見つけてそれをSNSなどで紹介し、人気に火がつくパターン。12年にヒットした『江南スタイル』と同じです。今回はアイドル歌手のジャスティン・ビーバーが紹介した。それがネットメディアを通じて“一夜にして”大ブレークした格好です。歌詞の中に『パ』などの半濁音や『ッ』の促音が入るのは、小島よしおのギャグと同じで、子供にも非常にウケがいいんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  7. 7

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る