グラミー賞も? 「ピコ太郎」を笑えないピース綾部の渡米

公開日: 更新日:

 お笑いタレントの古坂大魔王(43)扮する「ピコ太郎」の勢いが止まらない。

 パフォーマンス楽曲「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が8月25日にユーチューブにアップされると、瞬く間に世界中に拡散。累計の動画再生回数3億回超という驚異の数字を叩き出している。

 しかも、10月29日付の米ビルボードソングチャートに、日本人としては松田聖子以来、26年ぶりにチャートイン。今年の紅白の“目玉”となるのは確実で、「グラミー賞も狙える」なんて声も出てきた。日本でも幼い子供たちがあちこちで「アイ・ハブ・ア・ペン」と口ずさむなど、もはや社会現象になっている。

 ITジャーナリストの井上トシユキ氏はこう言う。

「欧米のスターが面白い動画を見つけてそれをSNSなどで紹介し、人気に火がつくパターン。12年にヒットした『江南スタイル』と同じです。今回はアイドル歌手のジャスティン・ビーバーが紹介した。それがネットメディアを通じて“一夜にして”大ブレークした格好です。歌詞の中に『パ』などの半濁音や『ッ』の促音が入るのは、小島よしおのギャグと同じで、子供にも非常にウケがいいんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  8. 8

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  9. 9

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る