紅白でふんどし姿も…ピース又吉を悩ます“センセイ”扱い

公開日: 更新日:

 あくまで“本分”は芸人なのだろう。

 大晦日に放送されたNHK「紅白歌合戦」でふんどし姿を披露した「ピース」又吉直樹(35)。昨年、デビュー小説「火花」で芥川賞を受賞し、審査員として出席すると、「ゴールデンボンバー」の曲中に“強制乱入”。土俵に上がった又吉は着物を脱がされると、緑のまわし姿があらわに。相撲対決の後、樽美酒が除夜の鐘に打ち付けられると、頭から「火花」が出るという“コント”を披露した。

「火花」は芸人初の芥川賞という話題で累計発行部数240万部の大ヒットを記録。作家としての評価は高く、書評やコラム執筆の依頼も激増した。一方、芸人としての仕事はセーブせざるを得ないほど芥川賞絡みの仕事がほとんどとなった。あるテレビ局関係者は言う。

「又吉が『ピースの又吉』から『芥川賞作家の又吉センセイ』になったことで、『ピース』の立ち位置はガラリと変わりました。それまでの若手実力派お笑いコンビという扱いが、芥川賞受賞以後は企画会議で挙がるプランは作家に関するものばかり。『芸人なのに作家』というギャップが面白いはずなのに、『作家なのに芸人』という逆転現象が起こってしまった。相方の綾部も又吉のアシスタントというキャラを作り込んでいるので、前よりもコンビの仕事は増えたでしょうが、他の芸人からは『“ただの芸人”としてイジりづらくなった。センセイとしてのイジリもそろそろ限界』という本音も漏れ聞こえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る