• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

エレキテル、小島よしお…YouTubeに賭ける一発屋の“明暗”

 かつて一世を風靡したお笑い芸人の波田陽区(40)やヒロシ(43)、小島よしお(34)らが最近、動画共有サービス「YouTube」にチャンネルを開設し、せっせと動画を投稿している。

 1再生数あたり、0.1円前後の広告収入が発生するという同サービス。視聴回数が増えるほど儲かる仕組みで、“大物ユーチューバー”のHIKAKIN(26)の推定年収は1億円を超えるともいわれるほど。二匹目、三匹目のドジョウを狙ってか、“一発屋芸人”たちも日々励んでいるのだが、その明暗はクッキリだ。

 “ギター侍”のネタで人気だった波田陽区は、着物を羽織り、金色の羽根を広げて「フェニックス!」と発言するショート動画を展開。あまりのシュールさに、ファンからは<かわいそう><今の自分自身を斬ってほしい>と哀れみや辛らつなコメントがずらり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る