エレキテル、小島よしお…YouTubeに賭ける一発屋の“明暗”

公開日: 更新日:

 かつて一世を風靡したお笑い芸人の波田陽区(40)やヒロシ(43)、小島よしお(34)らが最近、動画共有サービス「YouTube」にチャンネルを開設し、せっせと動画を投稿している。

 1再生数あたり、0.1円前後の広告収入が発生するという同サービス。視聴回数が増えるほど儲かる仕組みで、“大物ユーチューバー”のHIKAKIN(26)の推定年収は1億円を超えるともいわれるほど。二匹目、三匹目のドジョウを狙ってか、“一発屋芸人”たちも日々励んでいるのだが、その明暗はクッキリだ。

 “ギター侍”のネタで人気だった波田陽区は、着物を羽織り、金色の羽根を広げて「フェニックス!」と発言するショート動画を展開。あまりのシュールさに、ファンからは<かわいそう><今の自分自身を斬ってほしい>と哀れみや辛らつなコメントがずらり。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  8. 8

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    川口春奈「麒麟」低迷の救世主だが…NHK落胆する多忙ぶり

もっと見る