ピコ太郎の原点? 往年の芸人「トニー谷」と数々の共通点

公開日:  更新日:

 体を大きくスイングさせ、なにやら訴えているような2人の男。かたや「ペンパイナッポーアッポーペン」なる意味不明な歌詞が世界に受け、このほど日本外国特派員協会に招かれて記者会見したナゾの歌手ピコ太郎。こなた、そろばんを楽器のようにかき鳴らす珍芸で知られた昭和の芸人、トニー谷(1917年-1987年)。

 オールバックにメガネ、口ひげという外見はご覧の通り、「その芸風までソックリだ」ともっぱらなのだ。

「ピコ太郎の『アッポーペン』がペンとアップルを合わせた造語のように、トニーもしゃべりの中にカタコトの英単語を織り交ぜた『トニングリッシュ』で注目を集めた。本名や素性をひた隠し、ブラックでハチャメチャ、毒のある芸風は賛否両論を巻き起こし、既成概念にとらわれないアプレ芸人とも呼ばれていました。戦後から昭和にかけて活躍し、赤塚不二夫の『イヤミ』のモデルとしても知られています」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る