• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ピコ太郎の原点? 往年の芸人「トニー谷」と数々の共通点

 体を大きくスイングさせ、なにやら訴えているような2人の男。かたや「ペンパイナッポーアッポーペン」なる意味不明な歌詞が世界に受け、このほど日本外国特派員協会に招かれて記者会見したナゾの歌手ピコ太郎。こなた、そろばんを楽器のようにかき鳴らす珍芸で知られた昭和の芸人、トニー谷(1917年-1987年)。

 オールバックにメガネ、口ひげという外見はご覧の通り、「その芸風までソックリだ」ともっぱらなのだ。

「ピコ太郎の『アッポーペン』がペンとアップルを合わせた造語のように、トニーもしゃべりの中にカタコトの英単語を織り交ぜた『トニングリッシュ』で注目を集めた。本名や素性をひた隠し、ブラックでハチャメチャ、毒のある芸風は賛否両論を巻き起こし、既成概念にとらわれないアプレ芸人とも呼ばれていました。戦後から昭和にかけて活躍し、赤塚不二夫の『イヤミ』のモデルとしても知られています」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る