ピコ太郎の原点? 往年の芸人「トニー谷」と数々の共通点

公開日:  更新日:

 体を大きくスイングさせ、なにやら訴えているような2人の男。かたや「ペンパイナッポーアッポーペン」なる意味不明な歌詞が世界に受け、このほど日本外国特派員協会に招かれて記者会見したナゾの歌手ピコ太郎。こなた、そろばんを楽器のようにかき鳴らす珍芸で知られた昭和の芸人、トニー谷(1917年-1987年)。

 オールバックにメガネ、口ひげという外見はご覧の通り、「その芸風までソックリだ」ともっぱらなのだ。

「ピコ太郎の『アッポーペン』がペンとアップルを合わせた造語のように、トニーもしゃべりの中にカタコトの英単語を織り交ぜた『トニングリッシュ』で注目を集めた。本名や素性をひた隠し、ブラックでハチャメチャ、毒のある芸風は賛否両論を巻き起こし、既成概念にとらわれないアプレ芸人とも呼ばれていました。戦後から昭和にかけて活躍し、赤塚不二夫の『イヤミ』のモデルとしても知られています」(芸能関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る