「FRIDAY」カメラマンはなぜ動物写真家に転身したのか?

公開日:

 とにかく経歴がユニークだ。写真週刊誌「フライデー」(講談社)創刊時にエースカメラマンだった男はいつしか動物写真家に転身。今月1日には日本では北海道でのみ生息し、雪の妖精と呼ばれる体長約14センチの小さな鳥「シマエナガ」を追いかけた写真集「シマエナガちゃん」(講談社ビーシー)を出版した。小原玲、55歳。銃弾の飛び交う戦場や凄惨な事件事故、有名人のスキャンダルを追いかけるスクープ至上主義の世界から一転、愛らしい野生動物にターゲットを変えるまでの軌跡を聞いた。

■被写体が悲しければ悲しいほど飯のタネに

 小原氏の写真が初めて「フライデー」の巻頭を飾ったのは85年2月、脳梗塞で倒れて入院している田中角栄の病室を隠し撮りしたものだった。

「当時、事務所サイドは点滴など打っていないとかたくなに否定していましたが、僕の写真には点滴している角栄の姿がばっちり(笑い)。この写真に激怒した真紀子さんが、秘書の早坂茂三さんを辞めさせてしまった。名物秘書をクビに追い込んだのは、僕の写真だったんです。『フライデー』には2年ほどお世話になりましたが、その間、『FOCUS』や『週刊文春』から引き抜きの話をいただいたこともありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  8. 8

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る