トランプ孫娘が夢中 ピコ太郎が日米の“架け橋”になる?

公開日:

 究極の一発屋が日本を救うかもしれない。18日(日本時間18日朝)、安倍首相がトランプとの私的会談に臨んだが、手土産に持っていったのではと噂なのが「ピコ太郎グッズ」だ。15日にトランプの孫娘がPPAPを熱唱する動画がYouTubeでアップされた。ピコ太郎本人はツイッターで、「はやーーーーーー!? ピピコォおおお!! あわあわあわあわ!!」と驚いていたが、万国共通、日本を代表するカルチャーになっている。

 政治評論家の有馬晴海氏がこういう。

「大富豪のトランプには、プレゼントに1億円かけても響かない。それより、今が旬で、面白いもののほうが得策。ピコ太郎グッズを持っていくべきと永田町の議員も言っています。気の利いた秘書がいればきっと持って行っていると思いますよ。9月に訪米した時もヒラリーとは会談していたがトランプとは一切コンタクトをとっていません。亀井静香氏も結局会えずじまいで、会話のとっかかりすらありませんから、あなどれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る