• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

トランプ孫娘が夢中 ピコ太郎が日米の“架け橋”になる?

 究極の一発屋が日本を救うかもしれない。18日(日本時間18日朝)、安倍首相がトランプとの私的会談に臨んだが、手土産に持っていったのではと噂なのが「ピコ太郎グッズ」だ。15日にトランプの孫娘がPPAPを熱唱する動画がYouTubeでアップされた。ピコ太郎本人はツイッターで、「はやーーーーーー!? ピピコォおおお!! あわあわあわあわ!!」と驚いていたが、万国共通、日本を代表するカルチャーになっている。

 政治評論家の有馬晴海氏がこういう。

「大富豪のトランプには、プレゼントに1億円かけても響かない。それより、今が旬で、面白いもののほうが得策。ピコ太郎グッズを持っていくべきと永田町の議員も言っています。気の利いた秘書がいればきっと持って行っていると思いますよ。9月に訪米した時もヒラリーとは会談していたがトランプとは一切コンタクトをとっていません。亀井静香氏も結局会えずじまいで、会話のとっかかりすらありませんから、あなどれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る