トランプ孫娘が夢中 ピコ太郎が日米の“架け橋”になる?

公開日:

 究極の一発屋が日本を救うかもしれない。18日(日本時間18日朝)、安倍首相がトランプとの私的会談に臨んだが、手土産に持っていったのではと噂なのが「ピコ太郎グッズ」だ。15日にトランプの孫娘がPPAPを熱唱する動画がYouTubeでアップされた。ピコ太郎本人はツイッターで、「はやーーーーーー!? ピピコォおおお!! あわあわあわあわ!!」と驚いていたが、万国共通、日本を代表するカルチャーになっている。

 政治評論家の有馬晴海氏がこういう。

「大富豪のトランプには、プレゼントに1億円かけても響かない。それより、今が旬で、面白いもののほうが得策。ピコ太郎グッズを持っていくべきと永田町の議員も言っています。気の利いた秘書がいればきっと持って行っていると思いますよ。9月に訪米した時もヒラリーとは会談していたがトランプとは一切コンタクトをとっていません。亀井静香氏も結局会えずじまいで、会話のとっかかりすらありませんから、あなどれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る