日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新ビジネス矢継ぎ早 ピコ太郎が自覚する一発屋の賞味期限

「PPAP」の快進撃が止まらない。日本テレビ系「スッキリ!!」に続き、4日には「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に出演。三代目JSB、乃木坂46が出演する中、ライブでラストを飾った。

「ジャスティンインパクトと呼んでいるんですけど、BBCやなんかのCEOから直でメールが来るので驚いています。驚き、モモの木、20世紀でございます。(今後は)いけるならグラミー(賞)行きたいな。グラマーでもいいんですけど」と語ったピコ太郎。司会のタモリとは「ボキャブラ天国」で15年前に共演。「昔からうるさかったよね」と言われ、「タモリさんに普通にキライって言われてました」といったエピソードを明かすなど終始笑いが絶えなかった。

 ユーチューブに動画を掲載したのは8月25日のこと。9月25日に英BBCが「やみつきになる動画」で紹介、28日にジャスティン・ビーバーの“お気に入り動画”としてツイッターで紹介されると全世界に拡散、ユーチューブ週間再生動画回数4億回超で、世界1位、先月28日には「ビルボードホット100にチャートインした最も短い曲」としてギネス世界記録に認定された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事