ピコ太郎に惨敗 “オワコン”スマスマとキムタクの賞味期限

公開日: 更新日:

 もはや「SMAP」は“オワコン”となってしまったのか。14日放送のフジテレビ系「SMAP×SMAP」が、平均視聴率6・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。今年のワーストを更新したのだ。

 番組では、8人の人気芸人が「ビストロSMAP」コーナーに登場したが、ピコ太郎がゲスト出演した“裏番組”日本テレビ系「しゃべくり007」(13・4%)に、ダブルスコアで惨敗した。今年で解散するとはいえ、過去のスマスマの人気ぶりから考えると、信じられない数字だ。芸能評論家の肥留間正明氏はこう言う。

「1月18日に番組内でメンバーが生謝罪をしましたが、あの時に番組は“終わった”んだと思います。その後は、メンバーのギクシャク感が、視聴者にも伝わってしまった。制作サイドも腫れ物に触るように作るしかない。SMAPファンは、仲が良いながらも、互いをライバル視し、切磋琢磨するメンバーの姿を見たかったはず。全てが“バラバラ”となり、絆と熱量を失った番組を見る気がしないのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  6. 6

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  7. 7

    元巨人・二岡智宏さんは独立L富山の監督で優勝を目指す

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    専門家が分析 米中貿易戦争に負けない力強い日本企業59社

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る