話題は佐々木希のコスプレ 低迷「ラストコップ」の生命線

公開日:

 とにかく前宣伝は10月期ドラマ最大規模だった「ラストコップ」(日本テレビ系)。放送開始1カ月前から昨年放送された全シリーズの総集編を「エピソード0」として3週連続で放送。その間も、主演の唐沢寿明(53)や窪田正孝(28)ら役者陣は日テレ系のバラエティーや情報番組に長期間にわたって出演しまくった。

 それなのに、視聴率は第6話が終わった段階で一度も2ケタにさえ達していない。そんな大ピンチの状況で、唐沢の娘役でドラマのヒロインを演じる佐々木希(28)の評判だけが際立っている。

「警察官役なので、婦人警官の制服姿がまず評判になりました。ミニスカの制服姿に“こんな警察官になら捕まりたい”という声が圧倒的でした。そのほか、メイドコスプレを披露したり、潜入捜査で女子高生の制服やブレザー姿、極め付きはミニスカから美脚を見せつける保健室の先生の衣装を披露した際には、“エロい!”“こんな先生がいたら授業サボる”などネットは大騒ぎでした。このほかにも佐々木は絵画『モナリザ』のコスプレも披露しており、これも“国宝級の美しさだ”など評判になりました」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る