「鬼平犯科帳」終了 時代劇衰退で“社会荒れる”と危惧の声

公開日:

 人気時代劇シリーズ「鬼平犯科帳」(フジテレビ系)が12月3日の放送で28年の歴史に幕を閉じた。民放の時代劇は「水戸黄門」や「暴れん坊将軍」「子連れ狼」など軒並み終了。NHKの大河こそ根強い人気を誇るが、民放のゴールデン枠はテレ東の「石川五右衛門」のみだ。

 実は、時代劇が消えていくことで弊害がある。大人も子供も荒れているのは、時代劇衰退の影響だという。TV番組に関する多数の著書があり、番組の企画も行うフリーライターの岩佐陽一氏に聞いた。

「時代劇の典型的な筋書きといえば、勧善懲悪、因果応報です。小さいうちから何げなく見続けることで、『悪いことをしたらいけない』という教えを学びました。善悪の基準は人によって異なるとはいえ、人を殺したり盗みを犯したりするのは、よくありません。絶対的にダメなものはダメ。そういうことをしたら、必ず自分にはね返ってくるという意識が、時代劇を見ることで培われるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  10. 10

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

もっと見る