ドラマ圧倒「総合視聴率」 注目フジはベスト10ゼロの惨敗

公開日:

「隠れ視聴率は!?」と毎日新聞が夕刊トップで報じている。放送と同時に番組を見た視聴者の割合を示す「リアルタイム視聴率」のほか、録画を7日以内に視聴した割合、「タイムシフト視聴率」調査をビデオリサーチが始めた。この「隠れ視聴率」と「リアル――」を足して重複を除いた新たな指標「総合視聴率」ランキングが注目というのだ。

「多くの人が録画で番組を見ている時代。とりわけ若者向けドラマやバラエティー、アニメなどは録画再生率が高いと思われていました。とくに注目していたのは、これまでドラマに力を入れ続けてきたフジテレビ」と言うのは民放の編成マン。

 日刊ゲンダイも独自にゴールデン・プライム(GP)帯前後の総合視聴率データ(10月第3週17~23日)を入手。それによると、トップは20日のテレビ朝日系のドラマ「ドクターX」で27.4%。2位は18日のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)で22.9%、3位は23日のバラエティー「笑点」(日本テレビ系)で21.2%、4位は19日のドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(日テレ系)で21.0%、5位は19日のドラマ「相棒15」(テレ朝系)の20.7%と続いて、10位までのうちドラマが圧倒的に強く、6本もランクイン。テレビ局では日テレ4本、TBS3本、テレ朝2本、NHK1本。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る