ドラマ圧倒「総合視聴率」 注目フジはベスト10ゼロの惨敗

公開日:

「隠れ視聴率は!?」と毎日新聞が夕刊トップで報じている。放送と同時に番組を見た視聴者の割合を示す「リアルタイム視聴率」のほか、録画を7日以内に視聴した割合、「タイムシフト視聴率」調査をビデオリサーチが始めた。この「隠れ視聴率」と「リアル――」を足して重複を除いた新たな指標「総合視聴率」ランキングが注目というのだ。

「多くの人が録画で番組を見ている時代。とりわけ若者向けドラマやバラエティー、アニメなどは録画再生率が高いと思われていました。とくに注目していたのは、これまでドラマに力を入れ続けてきたフジテレビ」と言うのは民放の編成マン。

 日刊ゲンダイも独自にゴールデン・プライム(GP)帯前後の総合視聴率データ(10月第3週17~23日)を入手。それによると、トップは20日のテレビ朝日系のドラマ「ドクターX」で27.4%。2位は18日のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)で22.9%、3位は23日のバラエティー「笑点」(日本テレビ系)で21.2%、4位は19日のドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」(日テレ系)で21.0%、5位は19日のドラマ「相棒15」(テレ朝系)の20.7%と続いて、10位までのうちドラマが圧倒的に強く、6本もランクイン。テレビ局では日テレ4本、TBS3本、テレ朝2本、NHK1本。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

もっと見る