鬼平犯科帳で"賄い方"演じた沼田爆さん 「普段は食に無頓着」

公開日:  更新日:

“鬼の平蔵”こと火付盗賊改方・長谷川平蔵が活躍する「鬼平犯科帳」(フジテレビ系)。2代目中村吉右衛門が演じる平蔵を中心に同心、密偵が活躍する捕物劇は痛快だった。このドラマは料理場面も見どころのひとつで、捕物はさっぱりだが、料理には口うるさい“猫どの”と呼ばれる同心の村松忠之進が講釈を垂れていた。演じたのは沼田爆さん(75)。鬼平が終了して14年、今どうしているのか。

■“食通”池波正太郎ならではの役柄

「今年も正月スペシャル『密告』が放送されましたね。レギュラー放送はとうの昔に終了しましたが、その後は年1本のペース、スペシャル番組という形で制作されてるんです。もちろん、ボクも出ました。2時間スペシャルといいながら、一瞬でしたが、ハハハ」

 JR渋谷駅近くの喫茶店で会った沼田さん、まずこう言って笑った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る