カインとアベル事実上の打ち切り…月9の崩壊が止まらない

公開日: 更新日:

 あるフジテレビ関係者が自嘲気味にこう話す。

「今期の月9ですが、予定より1週間早く終わるそうです。ええ、実質上の打ち切りです」

 Hey!Say!JUMPメンバー山田涼介(23)主演のドラマ「カインとアベル」(フジ系、月曜21時~)が、当初より放送回を減らして“店じまい”するという。

 今年4月期の福山雅治(47)主演「ラヴソング」が月9史上最低視聴率(暫定)に終わったことは記憶に新しいが、とにかく“役者クラッシャー”のイメージがついてしまった同枠。おかげで主役がなかなか決まらず、他の共演者のキャスティングも難航した。

「制作担当者があちこちの事務所に企画書を持ちこんで何とかキャスティングした」(前出のフジ関係者)という寄せ集めチームで何とか布陣を組んだものの、各回視聴率はいずれも7~9%台。これでは打ち切りもやむなしである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る