ASKA逮捕で気になる“清原は今”…入れ墨やハーフ美女は?

公開日:  更新日:

 覚醒剤使用容疑で再逮捕された歌手のASKA容疑者(本名・宮崎重明=58)は、一昨年9月に所持と使用の罪で懲役3年(執行猶予4年)の有罪判決を受けてから、わずか2年3カ月で再びクスリに手を出し

 警察庁が発表している2015年の同事案の再犯率は、50歳以上で83.1%。クスリと決別するのがいかに難しいことなのか、自ら証明することになってしまったわけだが、今回の一件は球界にも懸念を広げている。

 もちろん、元巨人の清原和博(49)のことである。今年2月に覚醒剤取締法違反で逮捕され、6月に懲役2年6月(執行猶予4年)の有罪判決が確定。裁判で涙ながらに更生を誓ったものの、40歳代の再犯率もまた、72.2%と高い。

 この11月には清原に覚醒剤を融通していた元密売人の男が告白本を出版し、その中で「出会ってから17カ月間で300回分以上の覚醒剤を清原さんに売った」と暴露。都内ホテルで、覚醒剤を吸い上げた注射器を太い腕に突き刺した、などと生々しくつづっている。依存度が高ければ高いほど再犯率も上がるといわれるだけに、仲の良かった球界関係者の多くが、「同じ過ちを犯さないか」と心配しているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る