情報が錯綜 ノンスタ井上“当て逃げ”何が本当で何がウソか

公開日: 更新日:

 所属事務所の担当者がこう言う。

「確かに井上本人も当てた感覚はあったそうですが、怖くなって逃げたということではないようです。接触後、次の赤信号で井上は車を止めた。(接触した)タクシーも井上の車の真後ろで止まったのですが、運転手の方は何も言ってこなかった。それで井上は『大丈夫』と判断し、そのまま発進したそうです」

 そうなると、警察が発表した「世間に知られたら大変なことになると思った」という井上の供述とは、だいぶニュアンスが異なる。

「井上は任意で警察の聴取を受けた際、『世間が知ったら大変なことですよね?』と聞かれ、『そうですね』と答えたそうです。それが調書に取られた。その部分だけがクローズアップされ、大きく報じられたことで、井上が当て逃げしたかのようになってしまったのです」(関係者)

 井上は現在、自宅謹慎中で、復帰については「司法の判断が終わってから」(所属事務所担当者)という。最近の井上は“心のイケメン”などと好感度が高まっていたが、失った信用を取り戻せるか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

  9. 9

    加熱する中台「総額57億円のパイナップル」バトルに懐疑論

  10. 10

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

もっと見る