日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

SMAP解散後もキムタクに付きまとう“裏切り者”の十字架

 SMAPメンバーでただ一人、残留を決め裏切り者扱いされた木村拓哉(44)は、1月にTBS系連ドラ「A LIFE~愛しき人~」がはじまり、4月には主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)が封切られる。独立を主導した元チーフマネジャーの飯島三智さん側にいたのが、直前でジャニーズ側に翻意し、いち早く残留を決め、「自分たちは何があっても前を見て、ただ前を見て進みたい」と生放送での謝罪会見で決意を語って、来年1月で丸1年。芸能リポーターの城下尊之氏は言う。

「ジャニーズから見れば、木村さんは『このままだとSMAPの空中分解になりかねない』と騒動収束に動き、独立を止めた功労者ですから、意地でもいい仕事を入れてくるでしょう。毎年9月の契約更改が注目されていますけど、まず間違いなく、ジャニーズにとどまり、俳優をメーンに活動していくと思います」

 だが、芸能界でのポジションは安泰かというと、そうでもない。タレントとして活動するうえで最大のバロメーターとなる人気が揺らいでいるのである。スポーツ紙芸能デスクが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事