二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

キムタクがモノマネ解禁 ジャニー社長の“飾らない素顔”

公開日:

 芸能プロ社長が公の場で発言することは少ない。もともと、マネジャーからの叩き上げでプロダクションを築いた人たちが大半。「我々はタレントの黒子。表に出るべきではない」というしきたりを重んじてのことだと思う。目立たなければならないタレントと好対照だが、社長の手腕が事務所の将来を左右する世界。「老舗」と呼ばれる事務所は社長の実績でもある。

 かつて「芸能プロに自社ビルはいらない」と言われたが、今や大手事務所の多くは自社ビルを持つまでになった。「ジャニーズ事務所」もしかり。この「アイドル帝国」を築いたのがジャニー喜多川社長である。

 今でこそ誰もが知る存在だが、ジャニー社長も以前は公の場に出てくることはなかった。芸能記者のなかでも、「ジャニーさんの逸話は聞いているが、顔は知らない」という人は珍しくなかったほど。「幻」だったジャニー氏が表舞台に出てきたのは2011年。「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」としてギネスブックに認定された時のことだった。「受賞を受けるかな?」との声も強かったが、意外や、受賞コメントと公開用の肖像写真を出した。同時に年齢も公表。85歳になった今も精力的にプロデュースをしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る