二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

キムタクがモノマネ解禁 ジャニー社長の“飾らない素顔”

公開日:

 芸能プロ社長が公の場で発言することは少ない。もともと、マネジャーからの叩き上げでプロダクションを築いた人たちが大半。「我々はタレントの黒子。表に出るべきではない」というしきたりを重んじてのことだと思う。目立たなければならないタレントと好対照だが、社長の手腕が事務所の将来を左右する世界。「老舗」と呼ばれる事務所は社長の実績でもある。

 かつて「芸能プロに自社ビルはいらない」と言われたが、今や大手事務所の多くは自社ビルを持つまでになった。「ジャニーズ事務所」もしかり。この「アイドル帝国」を築いたのがジャニー喜多川社長である。

 今でこそ誰もが知る存在だが、ジャニー社長も以前は公の場に出てくることはなかった。芸能記者のなかでも、「ジャニーさんの逸話は聞いているが、顔は知らない」という人は珍しくなかったほど。「幻」だったジャニー氏が表舞台に出てきたのは2011年。「最も多くのコンサートをプロデュースした人物」としてギネスブックに認定された時のことだった。「受賞を受けるかな?」との声も強かったが、意外や、受賞コメントと公開用の肖像写真を出した。同時に年齢も公表。85歳になった今も精力的にプロデュースをしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

もっと見る