• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

金村義明さんは封印したい…横綱との“出世酒”で7升空に

 近鉄バファローズ(現オリックス・バファローズ)の「いてまえ打線」の中軸として活躍し、その後、中日、西武と移籍。引退後は漫談のような野球解説で人気の金村義明さん(53)。豪放磊落な明るいキャラクター同様に酒も豪快だ。

  ◇  ◇  ◇

 野球と酒。両方の師匠いうたら、近鉄、オリックスで監督をされた仰木彬さん(故人)やろね。

 僕は夏の甲子園の優勝投手やったんですが、近鉄に入団してから内野手に転向したんです。当然、守備はいまひとつ。それでその頃、守備走塁コーチやった仰木さんに1年目の秋季キャンプの時にマンツーマンで、死ぬかと思うほどノックを浴びる特訓を受けました。その基礎があったから、後々一軍に定着できるようになったんです。

 仰木さん、酒はダンディーでしたよ。強い上に飲み方が豪快で粋なんですね。一緒に朝まで飲んでも、翌日に試合があれば、選手より早く球場に来てカッパ着込んで、外野のフェンス沿いを黙々とランニングして、汗とともにアルコールを流してました。それは監督に就任してからも同じ。しかも、単にアルコールを抜くためだけやないんです。サングラス越しにちゃーんと各選手の調子をチェックしてデータ収集してるんですね。名将といわれる人はそれなりの努力も怠らないものですわ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る