金村義明さんは封印したい…横綱との“出世酒”で7升空に

公開日:

 近鉄バファローズ(現オリックス・バファローズ)の「いてまえ打線」の中軸として活躍し、その後、中日、西武と移籍。引退後は漫談のような野球解説で人気の金村義明さん(53)。豪放磊落な明るいキャラクター同様に酒も豪快だ。

  ◇  ◇  ◇

 野球と酒。両方の師匠いうたら、近鉄、オリックスで監督をされた仰木彬さん(故人)やろね。

 僕は夏の甲子園の優勝投手やったんですが、近鉄に入団してから内野手に転向したんです。当然、守備はいまひとつ。それでその頃、守備走塁コーチやった仰木さんに1年目の秋季キャンプの時にマンツーマンで、死ぬかと思うほどノックを浴びる特訓を受けました。その基礎があったから、後々一軍に定着できるようになったんです。

 仰木さん、酒はダンディーでしたよ。強い上に飲み方が豪快で粋なんですね。一緒に朝まで飲んでも、翌日に試合があれば、選手より早く球場に来てカッパ着込んで、外野のフェンス沿いを黙々とランニングして、汗とともにアルコールを流してました。それは監督に就任してからも同じ。しかも、単にアルコールを抜くためだけやないんです。サングラス越しにちゃーんと各選手の調子をチェックしてデータ収集してるんですね。名将といわれる人はそれなりの努力も怠らないものですわ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  2. 2

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    厚労省にポストと金を握られ…監察委“お手盛り報告”の必然

もっと見る