日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元大関・把瑠都さん 24時間飲み続けボトル25本を空に

 元大関で、引退後は格闘家、タレントとして活躍中の「エストニアの怪人」把瑠都さん(32)。数々の酒豪伝説を語ってもらった。

  ◇  ◇  ◇

 一番飲んだ時? やっぱり大関時代かな。あるパーティー会場を貸し切り、友達とお昼ぐらいから飲み始めて、翌日のお昼すぎまで延々24時間、飲みっぱなしだったことがあります(笑い)。ワイン、シャンパン、ウイスキー、もちろん私の故郷・エストニアが発祥の地といわれてるウオツカ……。手当たり次第、1時間に1本のペースでボトルを空けて、最後に数えたら25本あった。その他にビールは数え切れないほど。

 ただね、最初から最後まで寝ないで飲んでたのは私だけ。友達は途中で来たり帰ったり、入れ替わりがありましたから。お酒を飲むと、すごくハッピー。楽しいから眠くならないんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事