元大関・把瑠都さん 24時間飲み続けボトル25本を空に

公開日: 更新日:

 元大関で、引退後は格闘家、タレントとして活躍中の「エストニアの怪人」把瑠都さん(32)。数々の酒豪伝説を語ってもらった。

  ◇  ◇  ◇

 一番飲んだ時? やっぱり大関時代かな。あるパーティー会場を貸し切り、友達とお昼ぐらいから飲み始めて、翌日のお昼すぎまで延々24時間、飲みっぱなしだったことがあります(笑い)。ワイン、シャンパン、ウイスキー、もちろん私の故郷・エストニアが発祥の地といわれてるウオツカ……。手当たり次第、1時間に1本のペースでボトルを空けて、最後に数えたら25本あった。その他にビールは数え切れないほど。

 ただね、最初から最後まで寝ないで飲んでたのは私だけ。友達は途中で来たり帰ったり、入れ替わりがありましたから。お酒を飲むと、すごくハッピー。楽しいから眠くならないんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  7. 7

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  10. 10

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

もっと見る