高橋一生 ドラマ「カルテット」舞台裏の涙ぐましい努力

公開日: 更新日:

「複数の雑誌を集めた高橋単独の取材会がセッティングされていたんですが、役者の都合で急きょ中止になったんです。理由は満足のいくビオラの演奏ができず、少しでも練習の時間に充てたいというものでした。普通なら考えられない“ドタキャン”ですが、前クールの『プリンセスメゾン』(NHK)、前々クールの『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』(テレビ朝日系)と立て続けに連ドラに出演しており、忙殺されていると聞きます。しかも、『カルテット』は自身の出世作である『Woman』(2013年、日本テレビ系)同様、坂元裕二氏の脚本。“坂元作品ならどんな役でもやる”と公言する高橋としては、万全の態勢で臨みたかったんでしょう」(テレビ誌ライター)

 先日出演したトーク番組では5人兄弟の長男で、父親が3人いたことなど複雑な家庭環境を告白。努力家で童顔で苦労人と三拍子揃った高橋に萌える主婦が増殖中で、「誌面の写真で鼻先にある傷痕が修整されているとSNS上で炎上騒ぎになる」(前出のテレビ誌ライター)ぐらいのフィーバーぶりだという。

 星野源(36)の強力なライバルになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  6. 6

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  7. 7

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  10. 10

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

もっと見る