闇カジノ一晩で100万円負け…清水良太郎“処分なし”の大甘

公開日:

 発売中の写真誌「フライデー」が清水アキラ(62)の三男でタレントの清水良太郎(28)と俳優の遠藤要(33)の闇カジノ通いをスクープ。同誌には2人が慣れた様子でバカラに興じ、一日で100万円もの大金をスッてしまった様子が写真とともに掲載されている。

 報道を受けて2人は闇カジノ通いを認め、遠藤の所属事務所は謹慎処分を発表。しかし、もう一方の清水はというと「皆さまに多大なご迷惑とご心配をお掛けいたしましたことを、本人を含め父親の清水アキラも重く受け止めております」「これから信頼を取り戻すべく、日々努力していく所存でございます。ご理解を賜りますよう、お願い申し上げます」と書面で謝罪したが具体的な処分はなし。

 昨年4月に同じく闇カジノ通いがバレたバドミントン日本代表の桃田と田児の2人は、無期限試合出場停止処分をくらった記憶もまだ鮮明なだけに、これには「身内に甘すぎ」という声が上がるのも当然だろう。というのも、実は父親の清水アキラも81年にルーレット賭博で現行犯逮捕された過去があるからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  5. 5

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る