日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中村雅俊の三女 中村里砂が突然「2世」を明かした理由

 最近、お茶の間で見る機会が増えてきた。

 中村雅俊(63)・五十嵐淳子(61)夫妻の三女でモデルの中村里砂(24)。素性を伏せたまま2010年からファッション誌のモデルとして活動してきたが、今年1月、芸能プロ「生島企画室」の所属を機に番組収録で家族について明かし、タレントとして本格デビューを果たした。

「2世」であることを明かした直後から仕事は急増。3月だけで「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)や「Qさま!!」(テレビ朝日系)など6本のバラエティー番組に出演(うち1本は27日放送予定)している。母親の五十嵐はモデルから女優に転身。中村が母親譲りの才能を発揮するようになれば、この先、女優転身もあるかもしれない。

 明石家さんま(58)と大竹しのぶ(56)の娘・IMALU(24)、井上陽水(65)と石川セリ(61)の娘・依布サラサ(30)など、「2世」を売りにして活動するタレントは少なくない。激戦必至の「2世枠」にこのタイミングで飛び込んだ理由とは……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事