• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バド代表早川「ムカつく」 桃田の違法賭博でトバッチリ

 男女で複数のメダル獲得が期待されるバドミントン代表が19日、都内で行っている最終合宿を公開。女子シングルス奥原希望(21)、ダブルス高橋礼華(26)、松友美佐紀(24)組らが男子選手を相手に汗を流した。

 4月に世間を騒がせた現役日本代表選手による闇カジノ問題。金メダル候補だった桃田賢斗(21)らの愚行は、リオ五輪代表選手に暗い影を落としているどころか、今では強烈な発奮材料になっているという。

 中でも、悪化した競技イメージ回復に躍起になっているのが、男子ダブルスの早川賢一(30)、遠藤大由(29)ペア。桃田の一件があって以来、何かととばっちりを食ってきた。知人などに「五輪出場が決まった」と報告すると、シングルスとダブルスの種目の違いを理解している人が少ないからだろう、「桃田が出られないから代わりに出るの?」と聞かれるのは珍しくないそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る