ヒロミは家族会議 高畑事件で強まる2世タレントへ色眼鏡

公開日:  更新日:

「明日は我が子」という気持ちはゼロではないだろう。7日、「日本ベスト・カー・フレンド賞」授賞式が行われ、ヒロミ(51)、壇蜜(35)、全日本女子レスリングの栄和人監督(56)が受賞。車好きとして知られるヒロミは、「オレは遊びに行くと、すごい距離を乗るからプリウスがいいよね、燃費も含めて。かれこれ3~4台乗り継いでるけど、それでも10万キロとか乗っちゃう」と語った。

 ヒロミといえば、妻の松本伊代(51)との間に生まれた長男・小園凌央(20)が昨年、俳優として芸能界デビュー。最近になって「ヒロミと伊代の息子」としてバラエティーに進出して活躍中だ。先月15日放送の「7時にあいましょう」(TBS系)では、強姦致傷容疑で逮捕された高畑裕太容疑者(22)とも共演。境遇の似た同じ2世タレントだけに、ヒロミは他人事ではなかったのだろう。

 高畑逮捕の一報を聞いたその日に息子を呼んで親子会議をしたという。この日のイベントでも「うちも息子と話した。いつ何時そうなるか分からないので、これは芸能人に限らず、普通の家庭でも息子と話し合う機会になったんじゃないか」と語ったが、「2世」への色眼鏡は高畑の事件でより一層、度がキツくなったのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る