ASKA告白本の核心 盗聴疑惑と「お茶から覚醒剤」の真相

公開日:

 昨年11月に覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕、翌12月に「尿ではなくお茶だった」という前代未聞の理由で、不起訴釈放された歌手のASKA(58)が活動を再開。15日のテレビ出演に続き、17日には告白本を出版、22日にアルバム「Too many people」をリリースと精力的だ。

 告白本「700番(第二巻、第三巻)」(扶桑社)は、予約開始直後アマゾンで全ジャンル1位、現在もエッセー部門で1位と話題の本になっている。当初はブログの書籍化をメーンにしていたが、2度目の逮捕を受けて、その真相を大幅加筆。2016年1月の強制医療入院以前のブログ(第一巻)を続編として発売するという。

「全てご自身で執筆し、校正までチェックされました。ASKAさんは終始穏やかで連絡がつかなくなるようなことはありませんでした」と語るのは担当編集者だ。こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る