ASKA告白本の核心 盗聴疑惑と「お茶から覚醒剤」の真相

公開日:

 昨年11月に覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕、翌12月に「尿ではなくお茶だった」という前代未聞の理由で、不起訴釈放された歌手のASKA(58)が活動を再開。15日のテレビ出演に続き、17日には告白本を出版、22日にアルバム「Too many people」をリリースと精力的だ。

 告白本「700番(第二巻、第三巻)」(扶桑社)は、予約開始直後アマゾンで全ジャンル1位、現在もエッセー部門で1位と話題の本になっている。当初はブログの書籍化をメーンにしていたが、2度目の逮捕を受けて、その真相を大幅加筆。2016年1月の強制医療入院以前のブログ(第一巻)を続編として発売するという。

「全てご自身で執筆し、校正までチェックされました。ASKAさんは終始穏やかで連絡がつかなくなるようなことはありませんでした」と語るのは担当編集者だ。こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  6. 6

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  7. 7

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る