• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ASKA告白本の核心 盗聴疑惑と「お茶から覚醒剤」の真相

 昨年11月に覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕、翌12月に「尿ではなくお茶だった」という前代未聞の理由で、不起訴釈放された歌手のASKA(58)が活動を再開。15日のテレビ出演に続き、17日には告白本を出版、22日にアルバム「Too many people」をリリースと精力的だ。

 告白本「700番(第二巻、第三巻)」(扶桑社)は、予約開始直後アマゾンで全ジャンル1位、現在もエッセー部門で1位と話題の本になっている。当初はブログの書籍化をメーンにしていたが、2度目の逮捕を受けて、その真相を大幅加筆。2016年1月の強制医療入院以前のブログ(第一巻)を続編として発売するという。

「全てご自身で執筆し、校正までチェックされました。ASKAさんは終始穏やかで連絡がつかなくなるようなことはありませんでした」と語るのは担当編集者だ。こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る