日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドッキリ装い正男殺害 北朝鮮は日本のTVを熟知している

 なぜ日本のテレビ番組なのか?――。金正男殺害事件でこんな疑問がよぎった人もいるだろう。

 事件の実行犯として逮捕されたシティ・アイシャ容疑者(25)は「知り合った男性から100ドルを渡され、いたずらする動画を撮影するように頼まれた」と供述。ドアン・ティ・フォン容疑者(28)も「いたずらをしよう」と持ちかけられ、スプレーを吹きかけるよう指示されたという。

 注目はシティの義姉の証言だ。

「(シティは)日本で放送するテレビ番組の撮影のため、お金持ちの男性にソースをかけるように依頼された」とし、シティから「いたずら番組のプロデューサーは日本人だ」と聞かされたと語っている。事実なら、日本の“ドッキリ番組”の撮影と信じ込まされたことになる。日本では70年代にスタートした「元祖どっきりカメラ」以来、有名人をダマす番組が人気だ。最近は「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(TBS系)が好評。北朝鮮の工作員は日本のテレビ番組を熟知しているのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事