• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ライバルが虎視眈々? 東芝危機で「サザエさん」争奪戦も

 東芝の2016年4月~12月期連結決算の発表が延期され、市場や金融業界に衝撃が広がっている。代わりに発表された業績見通しは純損益4999億円の大赤字。主力の半導体事業の売却も取りざたされるなど「解体」含みの危機に瀕しているが、この問題、国民的アニメ「サザエさん」(フジテレビ系)にも影響を及ぼす可能性がある。

 サザエさんは放送開始の1969年10月から98年10月まで東芝の1社提供だった。それ以降は他の企業も広告を出すようになったが、お茶の間ではいまだに「サザエさん=東芝」のイメージは根強い。昨年3月には室町正志社長(当時)が記者会見で白物家電のCMを取りやめる方針を明かしつつも、サザエさんのCMについては「東芝のイメージ戦略もある。継続したい」と語っていたほどだ。

 だが、コトここに至っては話は別。巷間ささやかれているような「国有化」なんて事態になれば、広告費は真っ先にカットされるのは明らかだ。そんな展開をライバル企業は舌なめずりしているという指摘もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  7. 7

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  8. 8

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

もっと見る