復帰に望みも…ノンスタ井上“ポジティブ封印”で廃業危機

公開日: 更新日:

 かつてのポジティブ全開キャラの面影はどこにもなかった。7日夜、吉本興業東京本社(新宿区)でお笑いコンビ・ノンスタイルの井上裕介(37)が昨年の当て逃げ事故が不起訴処分になったことを受け、謝罪会見を開いた。

 活動自粛から3カ月。井上は冒頭で30秒以上も頭を下げたまま、涙、涙の号泣会見となった。

 井上は昨年12月11日深夜に東京・世田谷区の一般道でタクシーと接触。今年2月に道交法違反(ひき逃げ)と自動車運転処罰法違反(過失傷害)で書類送検された。事故当時、助手席に乗っていた後輩(スーパーマラドーナ武智)に「当たったんじゃないか」と言われ、信号で車を左に寄せて赤信号で停止している間は待ったが、相手に声をかけられる様子もなかったので、「自分の都合のいいように解釈してその場を去った」ことが、よもや芸人生命に直結するとは思いもしなかったはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る