復帰に望みも…ノンスタ井上“ポジティブ封印”で廃業危機

公開日:

 かつてのポジティブ全開キャラの面影はどこにもなかった。7日夜、吉本興業東京本社(新宿区)でお笑いコンビ・ノンスタイルの井上裕介(37)が昨年の当て逃げ事故が不起訴処分になったことを受け、謝罪会見を開いた。

 活動自粛から3カ月。井上は冒頭で30秒以上も頭を下げたまま、涙、涙の号泣会見となった。

 井上は昨年12月11日深夜に東京・世田谷区の一般道でタクシーと接触。今年2月に道交法違反(ひき逃げ)と自動車運転処罰法違反(過失傷害)で書類送検された。事故当時、助手席に乗っていた後輩(スーパーマラドーナ武智)に「当たったんじゃないか」と言われ、信号で車を左に寄せて赤信号で停止している間は待ったが、相手に声をかけられる様子もなかったので、「自分の都合のいいように解釈してその場を去った」ことが、よもや芸人生命に直結するとは思いもしなかったはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る