• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

復帰に望みも…ノンスタ井上“ポジティブ封印”で廃業危機

 かつてのポジティブ全開キャラの面影はどこにもなかった。7日夜、吉本興業東京本社(新宿区)でお笑いコンビ・ノンスタイルの井上裕介(37)が昨年の当て逃げ事故が不起訴処分になったことを受け、謝罪会見を開いた。

 活動自粛から3カ月。井上は冒頭で30秒以上も頭を下げたまま、涙、涙の号泣会見となった。

 井上は昨年12月11日深夜に東京・世田谷区の一般道でタクシーと接触。今年2月に道交法違反(ひき逃げ)と自動車運転処罰法違反(過失傷害)で書類送検された。事故当時、助手席に乗っていた後輩(スーパーマラドーナ武智)に「当たったんじゃないか」と言われ、信号で車を左に寄せて赤信号で停止している間は待ったが、相手に声をかけられる様子もなかったので、「自分の都合のいいように解釈してその場を去った」ことが、よもや芸人生命に直結するとは思いもしなかったはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る