• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

市川紗椰に山根千佳も 芸能界に「スー女」増殖のウラ事情

「『きせのん』って呼ばれると、赤くなったりしてかわいい」などと、生出演した日本テレビ系朝の情報番組「PON!」で新横綱稀勢の里の人気を語り、注目を集めているのが女優のアイリ(28)。元大関若嶋津の二所ノ関親方と歌手・高田みづえの長女で、一部で「スー女のサラブレッド」ともいわれている。

 スー女は相撲女子ともいい、ここ数年、増加している相撲好きの女たちのこと。中高年がほとんどだった客席で黄色い歓声を送り、好きな「推し力士」を追っかけたり出待ちをする姿が春場所でも話題になった。そうしたスー女は芸能界にもいて、注目力士を挙げたり、独自の解説をつけるなどして相撲に取り組んでいる。いったい彼女たちは相撲のどこにひかれたのか。

「勝ち負けが分かりやすく、シンプルで入りやすい。地方巡業に足を運べば簡単に近づくことができて、ツーショット写真を撮ることもできる。とりわけ若い力士はシャイな者が多く、プレゼントを渡すとそれこそ赤くなったりしますから面白いのかも。大きくてプーさんのように丸っこい体形、ちょんまげ、まわしという格好もカワイイのだそう。人気番付はCMでもお馴染みの遠藤、他に勢、隠岐の海ら。遠藤のお姫様抱っこイベントに、定員6人のところ8000人以上の応募が殺到したことがありました」(相撲ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る