市川紗椰に山根千佳も 芸能界に「スー女」増殖のウラ事情

公開日: 更新日:

「『きせのん』って呼ばれると、赤くなったりしてかわいい」などと、生出演した日本テレビ系朝の情報番組「PON!」で新横綱稀勢の里の人気を語り、注目を集めているのが女優のアイリ(28)。元大関若嶋津の二所ノ関親方と歌手・高田みづえの長女で、一部で「スー女のサラブレッド」ともいわれている。

 スー女は相撲女子ともいい、ここ数年、増加している相撲好きの女たちのこと。中高年がほとんどだった客席で黄色い歓声を送り、好きな「推し力士」を追っかけたり出待ちをする姿が春場所でも話題になった。そうしたスー女は芸能界にもいて、注目力士を挙げたり、独自の解説をつけるなどして相撲に取り組んでいる。いったい彼女たちは相撲のどこにひかれたのか。

「勝ち負けが分かりやすく、シンプルで入りやすい。地方巡業に足を運べば簡単に近づくことができて、ツーショット写真を撮ることもできる。とりわけ若い力士はシャイな者が多く、プレゼントを渡すとそれこそ赤くなったりしますから面白いのかも。大きくてプーさんのように丸っこい体形、ちょんまげ、まわしという格好もカワイイのだそう。人気番付はCMでもお馴染みの遠藤、他に勢、隠岐の海ら。遠藤のお姫様抱っこイベントに、定員6人のところ8000人以上の応募が殺到したことがありました」(相撲ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  9. 9

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る