琴奨菊で注目 アスリート夫人なぜ“マネジャー化”するのか

公開日:  更新日:

 ダメ大関と言われ続けた琴奨菊(31)の優勝で脚光を浴びたのが祐未夫人(29)だ。10年ぶりに和製力士が頂点に立った裏には、夫人のサポートがあったことは見逃せない。

 昨年7月に入籍した祐未夫人は、スポーツのための食事や栄養について学び、「アスリートフードマイスター」という資格を取った。夫の体調を考慮し、玄米や白米、五穀米などを使い分けたり、初場所前には油を使わず揚げ物ができるレンジも購入した。夫のマッサージも日課になっているようで、家庭では妻というより、マネジャーのような役割を担っている。

 アスリートフードマイスターの資格といえば、ヤンキース田中のまい夫人も取得しており、1汁6菜を基本とした数々の料理をブログで紹介している。

 イチローの弓子夫人も偏食の夫のために、形がなくなるまで野菜を溶かしたカレーを作り、毎日食べさせていたと話題になったことがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  10. 10

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

もっと見る