琴奨菊で注目 アスリート夫人なぜ“マネジャー化”するのか

公開日: 更新日:

 ダメ大関と言われ続けた琴奨菊(31)の優勝で脚光を浴びたのが祐未夫人(29)だ。10年ぶりに和製力士が頂点に立った裏には、夫人のサポートがあったことは見逃せない。

 昨年7月に入籍した祐未夫人は、スポーツのための食事や栄養について学び、「アスリートフードマイスター」という資格を取った。夫の体調を考慮し、玄米や白米、五穀米などを使い分けたり、初場所前には油を使わず揚げ物ができるレンジも購入した。夫のマッサージも日課になっているようで、家庭では妻というより、マネジャーのような役割を担っている。

 アスリートフードマイスターの資格といえば、ヤンキース田中のまい夫人も取得しており、1汁6菜を基本とした数々の料理をブログで紹介している。

 イチローの弓子夫人も偏食の夫のために、形がなくなるまで野菜を溶かしたカレーを作り、毎日食べさせていたと話題になったことがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

もっと見る