大阪ミナミで4年目 元阪神の浅井良さんはバーの経営者に

公開日:

 2001年に自由獲得枠で阪神に入団、思い切りのいいバッティングと広い守備範囲でファンに愛された選手がいた。13年シーズンを最後に戦力外通告を受け、引退を余儀なくされた浅井良さん(37)、今どうしているのか。

■引退した翌年にバーをオープン

 会ったのは大阪市営地下鉄・心斎橋駅から徒歩5分、ミナミのビル3階に入るバー「AZAS’(アザス)」。浅井さんが経営する店だ。

「引退した翌年の10月にオープンしたので、4年目です。お酒が好きやったし、人としゃべるのも好きやったんで」

 はにかむように言った浅井さん、店のロゴ入りTシャツがよく似合っている。

「筋肉はすぐに落ちてしまうんで、体重は現役時代より5キロくらい減り、一回り小さくなりました。引退したのは34歳。他の球団でもやってみたかったんですが、オファーがなかったらできない。NPB(日本野球機構傘下のセ・パ両リーグ)以外のチームではやる気がなかったので、店を始めることにしたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る